MENU

カリキュラム

専門分野I

基礎看護学

看護学の最初に学習する専門分野で、各看護学を学ぶための土台の部分です。看護学において重要な人間・環境・健康、そして看護とは何かについて学んだり、身体を拭く、注射するという看護技術を実施するための方法など、看護実践の基礎となる知識・技術・態度を習得します。そして、学んだ知識・技術・態度を活かして臨地実習にも臨みます。また、2年次には、看護研究の学習として学会見学に行きます。

イメージ
イメージ

専門分野 II

成人看護学

成人期は人の一生の中で長い期間を占めています。その間、多くの人が社会の中で様々な活動をしており、心身共にストレスが多く、健康を保つことが難しい時期です。
成人看護学では、成人期にある人々の身体的・精神的・社会的特徴を理解し、成人とその家族が健康の維持増進、病気の予防、病気からの回復やコントロール、さらには充実した生活を送ることができるように支援するために必要な知識・態度を学びます。
さらに授業では演習を多く取り入れて、基本的技術の習得も目指します。
実習では成人期にある患者様を受け持ち、経過別看護の実践をしながら患者様と家族の方に必要な看護とはなにかを考え学んでいきます。

イメージ

老年看護学

老年看護学では、疾患や障害を持ちながらも、その人らしくいきいきとした生活を送るための看護を学びます。講義や演習では、高齢者を理解するために、心身の加齢変化や高齢社会の現状と課題を理解します。さらに高齢者の疾患の特徴を踏まえた看護実践ができるよう学習します。
臨地実習では、病院や施設、地域で生活する高齢者とその家族の健康および健康問題について理解し、病院や施設、地域の連携を含めた継続的な支援体制を考慮しながら、対象の生活に対応した日常生活援助を実践します。

イメージ
イメージ

小児看護学

小児看護は、産まれたばかりの赤ちゃんから思春期にある児童までと、人間の一生の中でも最も成長・発達の著しい子どもを対象とします。子どもは、その成長・発達の過程で周囲の環境の影響を大きく受けます。とりわけ家族と子どもの関係性は深いため、看護の対象は家族にまで拡大されます。
講義では、子どもを取り巻く社会とその課題、健康増進のための日常生活への援助、健康に問題を抱える子どもと家族への援助を学びます。
実習では、保育園で健康な子どもの成長・発達を促す援助を、病院で療養生活を送る子どもと家族への援助を学びます。

イメージ

母性看護学

母性看護の対象は女性の一生であり、女性におけるライフサイクル全体を通して性と生殖に関する健康保持・増進を目指す看護活動です。
講義では、母性看護の概念、母性看護を必要とする対象の特徴をとらえ、母性を取り巻く社会の変遷と現状について母性統計の資料をもとに、母性看護の課題や役割を考えます。女性の性と生殖に関する健康と権利の観点についても学び、現代における母性各期の健康問題や解決方法、更に次代を担う新しい生命誕生を支援するために必要な看護を明らかにします。
実習では、長岡中央綜合病院の産科病棟および産科外来で、講義で学習した内容を活用し、妊娠・分娩・産褥・新生児期の看護及び母性の技術について学習します。

イメージ

精神看護学

精神看護学は精神の健康保持増進から精神に障害をもつ人々の看護まで幅広く、すべての人々が対象となります。その対象への看護を理解するために講義や演習により精神看護の歴史的変遷、発達段階における現代社会の精神の問題、さらに自己の理解を促す学習をします。
病院や社会福祉施設における臨地実習では、入院している精神に障害をもつ人や地域で生活している精神に障害をもつ人への看護を通して他者・自己理解をさらに深め、コミュニケーション技術の向上を含めすべての看護実践に役に立つよう看護学を習得します。

主な実習施設

  • ・長岡中央綜合病院
  • ・新潟県立精神医療センター
  • ・社会復帰施設
  • ・長岡市内の保育園
  • ・介護老人福祉施設
  • ・地域包括支援センター
  • ・居宅介護支援事業所
  • ・訪問看護ステーション
長岡中央綜合病院

上へ戻る