HOME > 患者さま向け情報 > 外来のご案内 > 緩和ケア外来

 


緩和ケア外来


 

 

 長岡中央綜合病院では平成21年7月より緩和ケア外来を開設いたしました。
 がん医療における『緩和ケア』とは「がん」によって生じる身体の不調や心の問題に対処し、生活スタイルや診療段階に合わせて、患者様やご家族が辛くならないよう「がん」と付き合っていくための方法です。迷われたらお気軽にスタッフまでご相談下さい。

 

診療日 

 

毎週月曜日 午後2時〜4時(完全予約制です)

休診等のお知らせ

場 所

 

病院2F外来5ブロック(ペインクリニック室)

主治医

 

大嶋 健三郎 医師

 

 

 

対 象

 

原則として長岡中央綜合病院に主治医がいる患者様

 

がんと診断された方(病期は問いません。治療中の方でもお話を伺います)

 

告知されている方が望ましいですが、未告知の方も可能です。

 

告知前後の患者様・家族の方へ支援を合わせて行ないます。

 

受診を拒否されない方

 

 

 依頼の適応(こんなときにどうぞ)

 

1. 

患者様の痛み又はその他の症状が適切にマネジメントされないとき

2.

患者様及び家族の方が、その時点で受けているケアに付け加えて、もう少し何かの支援や情報を求めているとき

3.

前項に該当する患者様のケアスタッフがより良いケアを提供していくために情報提供や支援を必要とするとき

4.

緩和ケア資源のリンク形成が必要なとき(外泊・在宅への退院などを計画するとき)等

 

 

 依頼方法(通常の他科受診と同様です)

 

 

主治医・担当医からの他科診療依頼を受けて通常の手続きで診療を行ないます。

なお、入院患者様の場合は当日の状態によって、受診時間や往診等を相談のうえ、決定します。

 

 

 診療について

 

 

病状に関しての情報提供等は一切行ないません。

処方は原則行ないません。但し、外来患者様で次回の受診日までの期間があり、すぐに対応する必要がある場合には、主治医の了解のもとで処方させていただく場合があります。

ご本人のご希望や状況に応じて臨床心理士、担当看護師によるフォローアップを行ないます。

入院患者様については、緩和ケアチームによるフォローもさせていただきます。

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ