HOME > 診療科のご案内 > 整形外科

 


整形外科     平成27年4月からの診療体制の変更について


 

2017年 4月更新

 

 スタッフ

 

 

高橋 一雄 脊椎脊髄外科部長

 

 

昭和57年新潟大学医学部卒業

医学博士

日本整形外科学会専門医

専門:脊椎外科

 

矢尻 洋一 部長

 

 

昭和62年新潟大学医学部卒業

医学博士

日本整形外科学会専門医 リハビリテーション臨床認定医

日本脊椎脊髄病学会指導医

専門:脊椎外科

 

善財 慶治 部長

 

 

平成元年秋田大学医学部卒業

医学博士

日本整形外科学会専門医 日本手外科学会専門医

専門:手外科

 

有海 明央 部長

 

 

平成12年新潟大学医学部卒業

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会研修指導医

日本体育協会公認スポーツドクター

専門:膝外科

河内 俊太郎 医長

石坂 佳祐 医員

平成26年北里大学医学部卒業

富山 泰行 医員

 

 

 

 特色

 

 

 長岡中央綜合病院整形外科では、長岡及び新潟県中越地区の外傷、変性疾患など整形外科疾患全般を扱っております。各医師が新潟大学で上記の如く専門研究班に所属して研修を受けておりますので、できる限り整形外科疾患の部位に応じて専門の医師が手術、治療を担当するように心がけており治療成績の向上を図っております。
 長谷川淳一は、手外科を専門としており手の外傷,疾患を担当しております。マイクロサージャリーの技術を習得しておりますので、切断肢再接着が可能です。遠方からの急患も受け付けております。また、他科の依頼による各種再建手術も行っております。また 地方労災医員 労災保険診療費審査委員を務めております。
 新潟大学遠藤直人教授のご高配により平成19年より高橋一雄が脊椎脊髄外科部長として赴任いたしました。矢尻洋一と共に中越地区の脊椎外科の中核となるべく脊髄損傷、脊髄腫瘍、頚椎、腰椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症など幅広く脊椎脊髄疾患の手術を行っております。診断については、神経内科と連携を取るようにして精度を向上するように心がけております。又、椎間板ヘルニアに対しては、顕微鏡下手術を行っており、また腰椎椎間板ヘルニアには症例を選択して適応のあるものに、内視鏡下ヘルニア摘出術を選択しより低侵襲な手術となるように心がけております。
 平成20年1月より、長岡赤十字病院、立川綜合病院とともに新患の受付を救急患者と他医からの紹介状を持参されている患者、入院患者に制限させていただいております。これは、より手術症例に力を注げるようにと配慮したためです。大変ご迷惑をおかけしまますが、何卒趣旨をご理解いただき、まずは開業の先生方の診察を受けてから病院での診察が必要と判断されましたら受診されますように御願いいたします。
 この他に月1回水曜日午後、リウマチ専門医外来を行っております。

 

 

 

 症例数・治療

 

 

 平成21年度年間整形外科新患数は、3663人 1日平均整形外科入院患者数52.6人、整形外科入院延べ数19183人 年間手術件数は、1283件でした。
 リハビリテーション科に理学療法士(PT)10人、作業療法士(OT)5人のスタッフがおり手術後早期より積極的な後療法を行っております。
 脊椎外科、人工関節置換術 大腿骨頚部骨折には、クリティカルパスを採用し患者さんに分かりやすい治療と入院期間の短縮をめざしております。
 長期間の加療が必要な大腿骨頚部骨折の患者には、地域連携パスのシステムを利用して長岡周囲の療養型病院(長岡西病院、悠遊健康村病院、吉田病院、岩室温泉病院、小千谷総合病院、見附市立病院)に円滑に転院していただき十分なリハビリテーションが出来るように心がけております。


主催研究会

 

中越整形外科手術手技研究会 年1回開催
中越臨床整形外科研究会   年1回開催

 

 今後もより質の高い医療を提供できるように努力していきますので、よろしくお願いいたします。

 


現代腰痛事情に矢尻医師のインタビュー記事が掲載されております。

http://kanja.ds-pharma.jp/message/yotsu/column57.html


 

 

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ