HOME > 医療関係者向け > 看護部 > 教育計画

 


看護部−教育計画


 

看護師としてのキャリアアップ

 

 

【臨床実践能力別到達目標】


レベル新人

   

 指導を受けながら看護が実践できる

1.

基礎看護技術が安全・確実に実践できる

 

2.

指導を受けながら看護計画に沿った看護実践ができる

 

3.

セクションの特殊性と業務内容を理解できる

 

4.

受け持ち看護師としての役割を理解できる

 

5.

職員として自覚を持ち、責任ある行動が取れる

 

6.

看護に必要な知識について、主体的に学習できる

レベル1

   

 担当看護師として、自立して

 看護実践できる

1.

日常の看護が根拠に基づき判断ができ、安全安楽に実践できる

 

2.

顕在化している問題を明確にし、看護過程が展開できる

 

3.

受け持ち看護師としての業務ができる

卒後2年目「事例発表」

卒後3年目「個人目標と達成度」発表

卒後4年目「ディーリーダー研修」

卒後4〜5年目「プリセプター研修」

4.

固定チームにおいてメンバーの役割が果たせる

5.

指導を受けながら、ディリーダー(コーディネーター)業務ができる

6.

指導を受けながら、プリセプターナースとしての役割が果たせる

7.

疑問に対して主体的に学習し、実践に役立てることができる

レベル2

   

 リーダーとしての役割が果たせる

1.

潜在している問題を明確にし、個別性を踏まえた看護過程が展開できる

 

2.

受け持ち看護師としての責任を果たすことができる

卒後5年目「リーダーシップ研修」

       「事例発表」

3.

ディリーダー(コーディネーター)業務が自立してできる

4.

チームリーダー・サブリーダーとしての役割が果たせる

5.

後輩や学生の指導ができる

6.

プリセプターを支援できる

7.

院内の研修を看護実践に生かすことができる

レベル3

   

 役割モデルが果たせる

1.

予測を踏まえた判断ができ、長期的展望ができる

 

2.

受け持ち看護師としての役割モデルになれる

 「今までの看護を語ろう」発表

3.

どの場面においてもリーダーの役割が果たせる

 

4.

医療チームと連携を図りながら看護実践ができる

 

5.

院内外の研修に主体的に参加し、看護実践に活かすことができる

 

6.

研究テーマを見つけ、取り組むことができる


 

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ