平成27年度 長岡中央綜合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1129 274 229 433 678 1055 2587 2837 2202 386
当院は、地域の中核病院として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しております。特に60代以上の患者さんの占める割合が約70%となっており、この理由といたしまして、「地域がん診療連携拠点病院」としてがん治療に積極的に取り組んでいることや、地域の高齢化等が考えられます。また、周産期医療にも力を入れており新生児・乳幼児の診療も比較的多く行っております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上)手術なし 手術・処置等2なし 165 17.55 14.34 7.88 75.75
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2 4あり 147 27.67 13.38 0.00 69.02
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 132 18.30 15.35 2.27 64.58
内科では肺炎が最も多い症例となっております。また高齢の患者さんが多く重症化しやすいため、入院期間も長い傾向にあります。2番目多いのは肺がんに対する化学療法になります。3番目が糖尿病に関する入院になります。血糖コントロールのための教育入院の他、合併症治療のための入院治療もあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 215 5.59 9.20 0.47 73.35
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他手術あり 手術・処置等2なし 102 10.10 11.98 0.98 72.81
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 97 9.40 10.93 4.12 75.31
消化器内科では早期胃がんに対する内視鏡手術が最も多くなっております。胃カメラを用いた粘膜下層剥離術(ESD)が主な治療法として行われています。2番目に多いのが肝がんに対する治療になります。塞栓療法・動注化学療法やエタノール注入療法等を行っております。3番目に多いのが胆石や胆道系の疾患に対する症例になります。乳頭括約筋切開術を含む総胆管結石除去術や閉塞性黄疸の緊急ドレナージ、ステントの挿入などを積極的に行っております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 80 20.83 18.30 7.50 82.99
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患、経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 45 5.98 4.87 0.00 70.18
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 13.79 11.76 8.82 79.03
循環器内科では、心不全の治療に関する入院が最も多くなっております。平均年齢も82歳となっており高齢の患者さんが多いことがわかります。2番目に多いのが狭心症などに対する心臓カテーテル治療の入院となっており、3番目は心臓カテーテルの治療前と治療後に行う心臓カテーテル検査のための入院となります。当院では急性心筋梗塞や不安定狭心症などの早期治療が必要な疾患には、積極的に緊急心臓カテーテル検査・治療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 44 18.95 18.08 25.00 75.91
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 17 10.35 7.03 5.88 63.18
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 17.70 9.87 0.00 50.80
神経内科では、脳梗塞での入院が最も多く、2番目にてんかんによる入院、3番目に髄膜炎等の脳脊髄の感染を伴う炎症による入院が多くなっております。脳梗塞につきましては、概ね20日程度の入院期間となっており、当院での治療及びリハビリが終了された約25%患者さんは、後方支援病院やリハビリ病院へ転院されております。
平均在院日数につきましては、全国平均並となっております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 311 7.32 6.31 0.00 3.07
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満)手術・処置等2なし 154 6.52 5.72 0.00 2.36
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 149 4.89 6.17 0.00 0.00
小児科では、喘息での入院が最も多くなっております。2番目に肺炎・急性気管支炎等での入院となっております。3番目に新生児の高ビリルビン血症に対する光線療法となっております。小児の気管支喘息については、地域での中核治療拠点として、患者数もたいへんに多く、急性期の発作治療にもまたその後の予防治療にも力を入れて診療しています。あわせて肺炎・急性気管支炎などの呼吸器感染症も専門治療いたします。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 132 11.67 17.41 0.00 71.65
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 胃全摘術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 70 15.84 20.63 1.43 70.33
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 腹腔鏡下胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 64 11.58 16.02 0.00 67.69
外科では、大腸がんの手術治療の入院が最も多く、2番目には胃がんの手術治療(開腹手術)の入院、3番目には胃がんの手術治療(腹腔鏡下手術)の入院となっております。
当院では、がん診療連携拠点病院に指定され、特にがんの手術件数が急増しています。クリニカルパスの導入や内視鏡手術の導入などで在院日数の短縮が可能となり、たとえば大腸癌の内視鏡手術は術後4日目に退院可能となりました。
また当院の平均在院日数につきましては、全国平均より短い期間となっております。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満)手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 89 18.06 18.08 40.45 74.24
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 56 8.96 10.02 5.36 75.11
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内出血(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満)手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 20.09 19.32 56.82 72.89
脳外科では脳梗塞の急性期病変での入院が最も多くなっております。2番目は慢性硬膜下血腫による入院、3番目は脳出血による入院が多くなっております。脳血管障害(脳卒中)に対しては、手術対象となるか否かを問わず、全例で積極的に取り組んでいます。脳血管障害は、脳だけを診ていては全体像が見えず、心臓や基礎疾患となる糖尿病・高血圧症・高脂血症などをきちんと評価する必要があります。脳梗塞で入院された患者さんは、循環器内科(心臓内科)での心臓検査を受けて頂き、不整脈や心臓の冠動脈虚血の状態を評価しています。
また、当院の平均在院日数につきましては、概ね全国平均並となっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 97 7.95 9.53 0.00 68.59
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 83 3.10 5.17 0.00 61.58
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 59 3.85 5.33 0.00 65.56
産婦人科では、性器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤)に対する手術治療の入院が最も多くなっております。2番目、3番目については卵巣、子宮系の悪性腫瘍に対する化学療法の入院が多くなっております。
また、当院の平均在院日数につきましては、全国平均よりも比較的短い在院日数となっております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 50 16.76 5.31 0.00 69.68
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 49 12.16 8.20 0.00 21.53
03001xxx99x4xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 40 10.50 14.34 0.00 70.03
耳鼻咽喉科では前庭機能障害(めまい、メニエール病、突発性難聴等)での入院が最も多くなっております。2番目は慢性扁桃炎に対する手術治療の入院になります。3番目は咽頭がん、喉頭がん、甲状腺がん等の頭頸部悪性腫瘍に対する化学療法の入院となっております。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 27 13.33 7.99 0.00 68.85
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 27 16.19 11.08 0.00 61.04
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 15 8.13 9.57 0.00 70.80
眼科では、短期滞在手術に該当する白内障に対する水晶体再建術を除いた場合では、黄斑変性に対する手術治療の入院が最も多く、2番目に網膜剥離に対する手術治療の入院、3番目に緑内障に対する手術治療の入院の順となっております。
ちなみに白内障に対する手術については短期滞在手術の対象となっており、平成27年度では449件実施しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人口骨頭挿入術 肩、股等 120 19.78 28.70 76.67 84.20
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。)建縫合術等 107 10.37 11.98 0.00 31.25
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 87 15.77 17.55 3.45 56.25
整形外科では大腿骨頚部骨折等の手術入院が最も多くなっております。また平均年齢が84.2歳と高齢な患者さんが多いことがわかります。2番目に多いのが肘、膝の外傷による入院となっており、3番目に多いのが、主に椎間板ヘルニア対する手術治療の入院となっております。
平均在位日数につきましては、全国平均よりも短い入院期間となっております。
長岡中央綜合病院整形外科では、長岡及び新潟県中越地区の外傷、変性疾患など整形外科疾患全般を扱っております。各医師が新潟大学で専門研究班に所属して研修を受けておりますので、できる限り整形外科疾患の部位に応じて専門の医師が手術、治療を担当するように心がけており治療成績の向上を図っております。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 16 4.25 4.38 0.00 36.13
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 11 5.27 5.27 0.00 50.82
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。)その他の手術あり 手術・処置等1なし 10 4.50 5.12 0.00 48.20
形成外科では、皮膚の良性腫瘍に対する摘出手術の入院が最も多く、2番目、3番目には骨軟部の良性腫瘍に対する摘出手術の入院が多くなっております。
平均在院日数につきましては、全国平均並か若干短くなっております。
開設は新潟県内では比較的早く、昭和56年にさかのぼります。形成外科で取り扱われる疾患全般にわたって診療を行っています。体表の生まれつきの変形や、外傷・熱傷・その後の変形を扱っています。乳房再建・眼瞼下垂・腋臭症も行っています。

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 5.56 8.97 0.00 69.88
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 13 6.77 11.97 0.00 71.69
080105xxxxx0xx 重症薬疹 手術・処置等2なし - - 15.81 - -
皮膚科では、帯状疱疹による入院治療が最も多くなっており、2番目は蜂窩織炎等の急性膿皮症による入院、3番目は重症薬疹による入院となっております。
また、当院の平均在院日数につきましては、全国平均に比べ短い在院日数となっております。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 98 7.09 7.59 0.00 73.41
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 副傷病なし 89 2.44 2.89 0.00 60.62
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 32 12.28 12.36 0.00 71.19
泌尿器科では、膀胱がんに対する手術治療の入院が最も多く、2番目に尿管結石や腎結石に対する体外衝撃波による結石破砕術に伴う入院が多く、3番目は膀胱がんに対する化学療法目的の入院が多くなっております。また上記の表以外では前立腺生検の為の検査入院が多くなっております。
また、当院の平均在院日数につきましては全国平均と概ね同程度となっております。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 39 3.46 3.40 0.00 68.85
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 6.40 5.99 0.00 74.15
050170xx99000x 閉塞性動脈疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 3.27 8.84 0.00 75.47
血管外科では、透析シャント狭窄の拡張のための入院が最も多くなっており、2番目に閉塞性動脈疾患に対する四肢の血管拡張術のための入院、3番目に血管の狭窄具合を調べる検査目的の入院が多くなっております。
平均在院日数につきましては概ね全国平均並となっております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 162 6.83 13.03 0.00 69.19
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 6.44 9.68 0.00 27.92
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 8.28 - -
呼吸器外科では、肺がんに対する手術治療の入院が最も多く、2番目は気胸による手術治療の入院、3番目は気胸による手術を伴わない入院となっております。
当院では、肺がん手術に対して完全胸腔鏡下手術を行っております。呼吸器内科・呼吸器外科が呼吸器グループとして常に連携し、検討会を毎週行って医療情報を交換しつつ確実で迅速な診断・治療を心掛けています。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 267 54 57 162 - 85 1 7
大腸癌 88 78 69 105 - 64 1 7
乳癌 48 63 21 12 - 37 1 7
肺癌 154 37 54 93 - 247 1 7
肝癌 12 42 25 10 - 60 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんの延べ人数について初発のステージ別、および再発に分けて集計した表になります(集計期間中に複数回入院された患者さんについて、例えば3回入院した場合は3と集計しております)。
当院では「胃がん」が最も多く、続いて「肺がん」、「大腸がん」、「乳がん」、「肝がん」の順となっております。
また治療につきましては外科治療の他、放射線治療、化学療法を併せた集学的治療を行うのみでなく、充分なインフォームド・コンセントの上で治療と同時に、緩和医療、在宅医療も積極的に行っております。
当院は「地域がん診療連携拠点病院」として多くの病院と相互に連携して、がん治療水準の向上に努めるとともに、緩和ケアの充実、在宅医療の支援、がん患者・家族等に対する相談支援、がんに関する各種情報の収集・提供等の機能を備え、地域におけるがん医療の充実に努めております。
※10未満については(-)ハイフンにて表示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 20 12.70 59.50
重症度 1 46 15.63 71.78
重症度 2 51 19.10 80.02
重症度 3 25 22.40 81.20
重症度 4 11 29.73 84.91
重症度 5 - - -
不明 - - -
当院では、重症度1~重症度2の患者さんが最も多くなっております。また平均年齢については、重症度に比例して平均年齢も高くなる傾向にあります。平均在院日数についても重症度に比例して長くなっており、高齢になるほど重症になりやすく治療に時間がかかることがわかります。
※成人市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を指します。
※重症度は成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いています。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 242 21.02 76.04 40.15
その他 17 21.65 78.88 3.09
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
ICD-10とはWHO(世界保健機関)が作成した傷病に関する国際統計分類です。
当院では脳梗塞を発症して3日以内に入院される患者さんがほとんどで全体の約90%を占めます。平均年齢は約78歳と高齢者の方が多いことがわかります。また当院での治療とリハビリが終了した約40%の患者さんはリハビリ病院や後方支援病院へ転院されております。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 217 1.00 3.62 0.46 73.30
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 117 1.57 14.94 3.42 77.48
K654 内視鏡的消化管止血術 64 2.20 12.31 9.38 69.42
消化器内科では、早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が最も多く行われております。2番目には内視鏡的胆道ステント留置術、3番目には内視鏡的消化管止血術となっており、内視鏡による手術が主に行われています。
また付属する健診センターと共に消化器癌の早期発見及び治療に力を注いでおり、食道癌、胃癌、大腸癌の内視鏡的切除などを始めとし、症状緩和のための内視鏡を用いた各種治療も積極的に行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 50 3.60 5.32 0.00 69.58
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 36 9.86 12.86 8.33 79.19
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 36 1.5 21.22 8.33 79.19
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術を最も多く行っており、続いてペースメーカーの移植術が多くなっております。
経皮的冠動脈ステント留置術などの心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。この治療は緊急で行う場合や検査と同時に行う場合、検査から日数を空けて行う場合、検査後一旦退院してから再入院して行う場合など患者さんの状況に合わせて治療が行われます。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)出生時仮死 12 0.00 10.75 16.67 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度)出生時仮死 - - - - -
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
小児科では、新生児仮死蘇生術が最も多く行われております。次に腸重積症整復術(非観血的)となっております。
新生児仮死蘇生術とは、酸素が胎盤から十分に供給されず、胎児が仮死状態で生まれてくる状態の赤ちゃんに対して行う蘇生術です。また腸重積症整復術(非観血的)については腸重積症に対して、おしりから造影剤を注入し圧を加えることにより腸重積を元に戻す方法です。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 115 2.63 7.22 0.00 70.92
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 1.13 3.49 0.00 60.03
K6335 鼠径ヘルニア手術 70 0.43 3.31 0.00 67.40
外科では、腹腔鏡を用いた結腸悪性腫瘍切除術が最も多く行われており。2番目には腹腔鏡を用いた胆嚢摘出術、3番目に鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)に対して行う鼠径ヘルニア手術となっております。
また当院はがん診療連携拠点病院に指定されており、特にがんの手術件数が急増しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 55 1.05 8.96 9.09 77.25
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 21 9.81 39.57 47.62 69.71
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 20 2.60 39.45 40.00 64.05
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫に対する洗浄除去術が最も多くなっております。こちらの手術につきましては、小さな穿頭で硬膜下に溜まった血腫を吸引し、洗浄除去する手術です。平均年齢が77歳と高くなっており高齢の患者さんが多いことがわかります。2番目に脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術になります。こちらは当院での治療終了後約半数の方が後方支援病院やリハビリ病院へ転院されております。3番目に脳動脈瘤頸部クリッピング術が多く、こちらにつきましては脳動脈瘤の破裂を防ぐため瘤内への血流を遮断する手術となっております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 93 1.00 6.47 0.00 68.06
K877 子宮全摘術 83 1.01 8.31 0.00 51.12
K867 子宮頸部(腟部)切除術 38 1.00 1.03 0.00 33.05
産婦人科では、膀胱脱手術(メッシュ使用)が最も多くなっております。2番目に子宮全摘術、3番目に子宮頸部(腟部)切除術の順となっております。
当院では性器脱に対して、TVM(tension-free vaginal mesh)手術を積極的におこなっています。TVM手術は、性器脱専用に開発されたポリプロピレン製のメッシュ状のシートを使用し、子宮を摘出することなく、骨盤内の組織を補強します。体内では溶けることなく、ずっと支えていることになります。アレルギーや感染の可能性は非常に低いとされています。さらに、従来の方法にくらべ体への負担も少なく、入院も短期間となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 52 1.00 10.27 0.00 23.37
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 19 1.32 10.00 0.00 63.11
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 18 1.94 10.11 0.00 47.17
耳鼻咽喉科では口蓋扁桃手術(摘出)が最も多く行われております。手術は全身麻酔にて行います。入院期間は約10日間となっております。2番目に直達鏡による喉頭腫瘍摘出術、3番目が副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 492 0.60 1.26 0.00 75.61
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 81 0.84 12.62 0.00 65.62
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 12 0.83 4.00 0.00 71.58
眼科では、白内障に対する水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)が最も多くなっております。2番目に網膜剥離や硝子体出血、黄斑部の病気などに対する硝子体茎顕微鏡下離断術が多くなっております。3番目に緑内障に対する緑内障手術(流出路再建術)が多く行われております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 93 3.56 13.97 67.74 80.85
K0821 人工関節置換術(膝) 86 2.17 20.13 1.16 74.58
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 79 2.82 10.57 1.27 56.01
整形外科では、大腿骨骨折に対する骨接合術が最も多く、2番目に変形性膝関節症等に対して人工膝関節に入れ替える人工関節置換術、3番目は椎間板ヘルニアに対する椎間板摘出術(後方摘出術)となっております。椎間板ヘルニアに対しては、顕微鏡下手術を行っており、また腰椎椎間板ヘルニアには症例を選択して適応のあるものに、内視鏡下ヘルニア摘出術を選択し、より低侵襲な手術となるように心がけております。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 14 1.00 4.14 0.00 57.14
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 13 1.46 3.15 0.00 50.00
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
形成外科では軟部腫瘍に対する切除術が最も多く、次に皮下腫瘍に対する摘出術となっております。
年間手術件数は約500例。入院手術件数が約150例、外来手術件数が約350例。内訳は熱傷約25例、顔面骨折や顔面外傷が約60例、口唇口蓋裂・耳介・手足の奇形などの先天異常が約50例、母斑・血管腫などの皮膚良性腫瘍が約190例、悪性腫瘍切除後の再建は関連各科と連携して行っており約35例あります。熱傷や外傷による瘢痕拘縮ケロイドは約50例、腋臭症や重瞼術などの美容外科手術が約30例となっております。
※患者数が10未満の項目については(-)ハイフンにて表示しております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 91 0.35 1.23 0.00 60.65
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 60 1.28 5.28 0.00 72.72
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 39 1.21 4.62 0.00 74.44
泌尿器科では、腎結石や尿管結石に対して行う体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)が最も多く行われております。こちらは放電によって衝撃波を発生させる装置を用いて衝撃波のエネルギーを体内の結石に目標を合わせ収束し衝撃波の力で直接、結石を細かく砕く治療法です。入院期間は2泊3日となっております。次に多く行われているのが膀胱がんに対する膀胱悪性腫瘍手術です。内視鏡を使って膀胱の腫瘍を削り取る治療になります。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 39 0.95 1.51 0.00 68.85
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 24 1.38 6.88 0.00 74.08
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 12 0.08 1.00 0.00 61.67
血管外科では、透析シャント狭窄の拡張のための経皮的シャント拡張術・血栓除去術が最も多くなっており、2番目に閉塞性動脈疾患に対する四肢の血管拡張術・血栓除去術、3番目に抗がん剤を持続注入するために体内にポートを留置する抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)となっております。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 100 1.54 5.25 0.00 69.53
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 38 1.37 3.08 0.00 67.45
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 28 3.29 2.04 0.00 31.89
呼吸器外科では、肺がんに対する胸腔鏡を用いた肺悪性腫瘍手術が最も多くなっており、次に気胸に対する胸腔鏡を用いた肺切除術の順となっております。
当院では肺がん手術に対して完全胸腔鏡下手術で行っております。完全胸腔鏡下手術とは、創をカメラや道具を入れる穴だけとし、モニターのみ(完全モニター視)で手術する方法です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 24 0.20
180010 敗血症 同一 14 0.12
異なる 20 0.17
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 136 1.15
異なる - -
こちらの表では、当院における「播種性血管内凝固症候群」、「敗血症」、「その他の真菌感染症」、「手術・処置等の合併症」の発生率(請求率)を表しています。
入院契機の「同一」というのは、ある病気の治療を目的として入院しその病気に対して主の治療を行ったことになります。また「異なる」というのはある病気の治療を目的として入院したが別な病気を併発していた、もしくは入院中に別な病気を発症した場合その病気の治療が主となることをいいます。
当院では、「播種性血管内凝固症候群」についてはほぼ入院の契機病名とは異なる場合が多く、「敗血症」については入院契機と同一の割合が40%異なる場合が60%となっており、「手術・処置等の合併症」についてはほぼ入院契機と同一となっております。こちらは主に術後出血や創部感染などが挙げられます。合併症はどのような術式でも、どのような患者さんでも一定の確率で起こり得るもので医療ミスとは異なります。
※10未満については(-)ハイフンにて表示しております。
更新履歴
2017/03/03
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数について修正を行いました。
2016/09/30
平成27年度DPCデータに基づく「病院情報」を公開しました。