HOME > 施設のご案内 > リハビリテーション科

 


リハビリテーション科


 

 

 患者様の能力を最大限に発揮させ、その自立を支援します。
障害を持ったままいかにその人らしく生きていくか、ということを、患者様や家族と一緒に探していき、そのために必要な援助を行っています。
理学療法
 病気や怪我などで身体に障害を持つ人々が、毎日の生活をいきいきと暮らせるよう、機能・能力の回復や維持、悪化予防のために、運動療法、日常生活動作訓練、物理療法を行います。
作業療法
 身体や精神に障害を持つことで、今までの生活ができなくなってしまった人に対して、自分自身の意思をもって生活が送れるよう、身体などの機能回復や身の回りの動作の再獲得を図るため、作業活動(日常生活の諸動作・遊び・仕事などの生活全般に関わる活動)を用いた治療・訓練・指導を行います。
言語聴覚療法
 脳の病気や事故で失語症や運動障害性構音障害などのコミュニケーションに問題を持つ方に対して、また飲み込みづらくなった方たち(嚥下障害)に対して、相談・評価・指導・訓練を行います。退院後は失語症の方たちを対象に中越失語症友の会『あゆみの会』という患者会をしています。同じ失語症を抱えた方々が家族ぐるみで和気あいあいと行っています。また、小児分野では子供の言葉の問題(言語発達の遅れ・発音の誤り・吃音・口唇口蓋裂など)に対してアプローチを行っています。
対象疾患(急性期リハビリテーション)
・中枢神経疾患(脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷など)
・変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症【SCD】、筋萎縮性側索硬化症【ALS】など)
・長期臥床等による廃用症候群
・整形外科疾患(骨折、ヘルニア、変形性関節症、靭帯損傷、手の外科など)
・呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患、肺腫瘍など)
・耳鼻科系疾患(めまい症、メニエール病、顔面神経麻痺など)
・小児の疾患(漏斗胸、脳性麻痺、ダウン症、言葉の問題など)
・嚥下障害
スタッフ(平成23年8月現在)
 理学療法士10・作業療法士6名・言語聴覚士4名・事務1名

 

 

 

 

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ