HOME > 施設のご案内 > 病棟案内 4階西病棟−産婦人科 > 母子同室

 


4階西病棟−産婦人科


 

 

 

母子同室

 

〜赤ちゃんといつも一緒です。〜

 

 平成16年10月より、当院で分娩されたすべてのお母さんと赤ちゃんを対象に、産後1日目より母子同室を開始いたしました。
 母子同室とは、母と子が一緒に同じ部屋で過ごすということです。自宅でお産していた時代は自然と母子同室となっていました。しかし、施設でお産する人が増えるにつれて、母は褥室子は新生児室で管理していく事が主流になっていました。
 そして、近年は母乳栄養を進めるためにも自然な形に戻そうということで、お母さんと赤ちゃんは同じ部屋でと言う考えが広まってきました。

 

母子同室のいい所

お母さんと赤ちゃん

 

母乳栄養が確立しやすいです。

赤ちゃんと一緒にいる時間が長いのでたくさん授乳できます。

 

育児への自信がつきます。

長い時間赤ちゃんを見ているので、退院してからもあまり困りません。

 

母親が自分の子供のみを扱うため、感染の危険性が少ないです。

 

 赤ちゃんに慣れていないお母さんにとっては、母子同室は大変なものだと思われます。けれど、助産師・看護師が24時間体制でお手伝いしますし、お母さんの体調が悪くて、とても赤ちゃんのお世話が出来ない時はいつでも預かります。

 乳首の状態が赤ちゃんに吸ってもらえるかどうか不安な方は、助産師にご相談下さい。

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ