HOME > 施設のご案内 > 病診連携室 > 開放型病床とは(医師会の先生方へ)

 


病診連携室


 

 

 

 開放型病床とは(医師会の先生方へ)

 

 

 開放型病床は、限りある医療資源をより有効に活用し、より質の高い医療を地域の住民に対して提供することを目的とした制度で、究極の病診連携の形態といっても過言ではありません。これは、高額医療機器の共同利用は元より、病院の病床を診療所の医師に開放し、診療や入院にまつわるいろんな意味での無駄を省き、よりスムーズで質の高い医療を提供しようとの発想で始められました。保険点数の上乗せなど政策誘導の後押しもあり、全国的にかなり広がってきています。

 患者様は、かかりつけ医から気軽に高額医療機器を用いた検査を受けることができます。入院する場合には、顔なじみのかかりつけ医からの訪問診療を受けることで、安心して入院診療を受けることができます。更に退院した後も入院時から一貫した診療を継続することができます。まさに、診療所と病院との垣根を取り払ってしまう制度が、この開放型病床と言うことができます。

 当院では長岡市医師会と協議を続け、平成15年4月1日から、開放型病床の運用を開始いたしました。この病床の利用には所属医師会への登録医の申請が必要です。詳細は長岡市医師会もしくは当院の病診連携室へご連絡ください。

 勤務医にとって、病院を開放するためには、大きな意識改革が必要です。診療所の医師にとっても、かかりつけ医としての機能の更なる充実が求められます。情報開示(つまり情報の共有化)が叫ばれる中、この開放型病床が地域の医療に何か新しい風を送ってくれることを願ってやみません。

 是非、多数の先生方が参加してくださるようお願いいたします。

 

 

 

 病診連携室の連絡先

 

  長岡中央綜合病院 病診連携室

  〒940−8653 新潟県長岡市川崎町2041番

         TEL:0258-35-3700(内線2320)

         FAX:0258-30-1630(病診連携室直通)

         E-mail:naga-renkei@nagachu.jp

  業務時間

    平日  8:30〜17:00

    ※土曜・日曜・祝日は休診です。

 

 

 

 

< HOMEへ

 

TOPへ